sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

肩こり

このような症状でお悩みではありませんか?

・肩こりが楽になったことがない
・幼少期から肩こりが治らない
・肩こりで気分が憂鬱になる
・肩こりによる吐き気
・目の奥が痛くなる
・頭痛薬、湿布を使っても治っていない
・肩が巻いて姿勢が悪く見えてしまう

肩こりはなぜ起こる?|豊中市で口コミ評判の豊中愛鍼灸整骨院

当院「豊中愛鍼灸整骨院」には肩こりがひどく長年治らないと悩まれている方が多くいらっしゃいます。
肩こりの本来の原因は本来の肩の動きができていないことにあります。肩には3つの関節があり、すべての関節をバランス良く使うことが本来の肩の動かし方です。
肩こりの症状がひどい肩の要因としては、3つの関節をバランス良く使うことができず、1つの関節のみ動かしているため周囲の筋肉が固まり、肩が重くこってしまいます。特に肩の関節の中の1つである肩甲骨には30個以上の筋肉(稽留筋群)が張り付いており、肩甲骨の筋肉を上手に使えずに筋肉の数が少ない筋肉のみ使用することで関節、筋肉が疲労してしまうことが肩がこる理由となります。

肩こりが改善しない・悪化する理由とは?||豊中市で口コミ評判の豊中愛鍼灸整骨院

肩こりは肩関節をすべて使えてないことが原因です。結果として僧帽筋が固まり、肩が凝るのですが、筋肉の固まりが原因で肩こりが起きてしまっていると考えられている肩が多いです。
よく、肩が凝るから筋肉をほぐすためにマッサージに行かれる方が多いですが、筋肉の固まりは原因ではなく結果でしかないのでマッサージをしたとしてもその場では気持ちよくはなりますが、根本的な原因を解消できていないので、肩こりが治らないのです。
肩の本来の使い方ができていない状態で肩関節を使うとより肩が疲労してしまい悪化してしまうのです。

肩こりに対する治療法は?||豊中市で口コミ評判の豊中愛鍼灸整骨院

当院「豊中愛鍼灸整骨院」の治療では患者様自身が肩がこっていると感じられている部分を治療するのではなく、原因となる肩関節から治療を行います。使われなくなってこり固まっている肩甲骨から筋肉を剥がし、本来の動かし方ができるような状態に戻していきます。また、肩関節の一つである鎖骨の矯正を行うことで鎖骨の本来の機能を戻します。

本来、人間が持っている「自己調整力(自分で筋肉を緩める力)」が働くようにするために、私達、治療家が外部から刺激を与え、筋肉を緩めることによって脳が始めて筋肉がこわばっていた事に気づきます。

患者様の自己調整力が働くように当院では鎖骨矯正で今まで使用できていなかった鎖骨を使用できるように施術し、人間本来の近い方に戻します。また、肩がひどくこらない様に本来の肩の使い方を指導しています。

整骨院ブログ、食事に関すること、体に関することBLOG 症例 任活サポートブログ 豊中愛整骨院・鍼灸院 official site