交通事故治療

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

交通事故治療について

交通事故による症状で特に多いのが、むち打ちです。むち打ちは事故直後には目立った症状はなくても、後に「頭痛」「めまい」「「手足の痺れ」などの症状が現れる場合もあります。

なので、交通事故に遭われた時には自覚症状の有無にかかわらず、整形外科などの医療機関で検査を受けるとともに、整骨院で治療を受けられるようにしてください。

むち打ちに特化した治療が受けられます

当院でなら、症状が現れている部分を揉んだりマッサージしたりするのではない、「むち打ちに特化した治療」が受けられます。事故直後でもきちんと治療を受けて頂くことができますので、まずは一度ご連絡ください。

交通事故に遭われた時には…

二次的事故の発生を回避

事故車両が道路を塞いでいると、後続車がぶつかり二次的事故が発生してしまう可能性がありますので、フラッシュライトや赤旗などで事故の発生を知らせて回避するようにしてください。また事故の発生を知らせる時には、ご自身が後続車にひかれないように十分注意してください。

加害者の情報・連絡先などを確認

加害者の住所、氏名などの情報のほか、連絡先も控えておくようにしてください。運転免許証を確認するのがベストです。あわせて、相手の車両のナンバーも控えておくようにしてください。

事故現場の保全

事故状況を正確に警察や保険会社などの伝えるために、事故現場や事故車両の写真を撮るなどして、事故現場を保存するようにしてください。

警察への連絡

交通事故は加害者だけでなく、被害者にも届け出の義務があり、また保険金の請求の際に必要になる事故証明を発行してもらわなければいけませんので、必ず警察に連絡するようにしてください。

整形外科などの医療機関での治療

交通事故による怪我には後遺症が残るものもありますので、事故に遭った後は必ず整形外科などの医療機関で検査を受けるようにしてください。また、交通事故による怪我の大半を占めるむち打ちは、事故直後には目立った症状はなくても、後に「頭痛」「めまい」「「手足の痺れ」などの症状が現れる場合もありますので注意してください。

当院は東豊中にある「ほりえクリニック」の整形外科とも連携しておりますので、レントゲン検査などはそちらで受けて頂くことも可能です。

患者様の正当な権利を守るために~弁護士と連携しております~

当院は交通事故に遭われた患者様の正当な権利を守るために、弁護士と連携しております。

当院の院長は学生時代に交通事故に遭い、入院中に保険会社から「事故の責任はそちらにあるので、慰謝料などは支払わない」と言われたことがあります。たまたま通院していた整骨院がしっかりと対応してくれるところだったので、結果的には「慰謝料などが支払われない」どころか、後遺障害が認定される形となり事なきを得ました。

しかし、保険会社から「事故の責任はそちらにある」「慰謝料などは支払われない」と言われた時、多くの被害者の方は「仕方がないこと」と思い、諦めてしまわれるのではないかと思います。そうした被害者の方の正当な権利を守り、安心して治療に専念して頂くために、当院は弁護士と連携をはかっています。

なので、当院を「交通事故の窓口」とお考えになって、どんなことでもかまいませんのでご相談頂ければと思います。自動車事故以外にも、自転車での事故の相談にも対応しておりますので、事故全般に遭われた時にはすぐにお電話ください。

整形外科とも連携しています

当院は東豊中にある「ほりえクリニック」の整形外科とも連携しておりますので、レントゲン検査などはそちらで受けて頂くことも可能です。

こうして事故後の患者様の体に後遺症が残らないようにするための、万全の体制を整えておりますので、交通事故に遭われた時にはすぐに当院までご連絡ください。

整骨院ブログ、食事に関すること、体に関することBLOG 症例 任活サポートブログ 豊中愛整骨院・鍼灸院 official site